2018年10月アーカイブ

色覚検査

自分のは覚えてないのですが、小学校で色覚検査ってのをやるのですか?
それをしてもあとのケアは教員になりがちで、
でも教員はそういう教育を受けてないからどうしていいか分からない、との苦情らしきものがあるとかでした。

マレにいるらしいのですが、それによって何が起こるのか分かってなかったらそれは対処のしようがないですよね。
確かだ。

だからその検査をやめた???・・・それが復活??みたいな解釈ですがあってるのかな?

知り合いに「僕は色の間隔が人より悪い」って言った人がいました。
でも運転免許持ってるし、信号の色がわかるわけです。

なれない職業としては、カメラマン/ウーマンとか、そういうことらしいです。

そんな検査あったかなー?
覚えてないけど、あったのかもしれません。
それで誰かが何かみつかった、という話も、噂すらなかったのですが。

学校の先生も大変ですねー。
検査される方も、親も大変ですがね。

ちょっとまたこれについては調べてみたいと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。