2013年6月アーカイブ

ゲゲゲの鬼太郎

娘の最近のお気に入りアニメはゲゲゲの鬼太郎ですよ。
ゲゲゲの鬼太郎は私が子供の頃に連載が始まったアニメなので、昔の絵はかなり昭和チックなんですよね。
でも今のゲゲゲの鬼太郎はかなり可愛くなっています。
娘の好きなキャラはネコ娘ですが・・・ネコ娘なんて凄い変わりようですよね。
最初に今のバージョンのゲゲゲの鬼太郎を観た時は、「え!ネコ娘がこんなに可愛くていいの!?」と思ってしまったくらいビックリしました。
その反面、ネズミ男は昔と殆ど変わっていなくて可哀想なくらいですよね。
せっかくなので脇役と言えども少しくらいはイイ男にしてあげれば良いのに、相変わらずの何とも形容のし難い風貌と言うか(笑)。
砂かけ婆や子泣き爺も殆ど変わっていないでしょうか?(目玉おやじは変えようが無いですよね)
そして鬼太郎はと言うと・・・何だか今風の優男という感じになってしまいましたね。
(更にちょっとオタクっぽい雰囲気をかもし出しているような気がします)
なので最初に観た時は「こんなのゲゲゲの鬼太郎じゃない」と思いましたが、娘と一緒に観ているうちに慣れちゃいました。
今は私も娘と同様に可愛い鬼太郎も気に入っていたりします。

ちなみにゲゲゲの鬼太郎は原作が凄いんですよね。
高校生の時にちょっとだけ読んだ事があるのですが、絵・内容共にオドロオドロしていて軽くショックを受けた記憶があります。
ゲゲゲの鬼太郎は本当はこんな絵だったのかーと。
でも不快になるようなものでもなく、むしろもっと読んでみたい!と思うような不思議な魅力がありましたっけ。
結局それ以降は続きを読む機会が無かったのでそれっきりでしたが、娘と一緒にアニメの鬼太郎を観ていて久々に原作を読んでみたいなと言う気持ちになりました。
古本屋で見つけたら買ってみたいですが、でも水木しげるの漫画は古本でも値段があまり変わっていなさそうですよね。
むしろ古い本なので高かったりするのかもしれません。
流石に読んでみたくても、漫画に数千円を注ぎ込む年でも無いのですよね。
一応機会があればちょっと探してみて、安かったら買ってみたいと思います。

あとゲゲゲの鬼太郎の実写映画もちょっと興味がありますよ。
演じているのが大人という点と、鬼太郎が格好良過ぎると言う点はありますが、楽しそうな映画で面白そうですよね。
今度観よう、今度観ようと思いながらついつい見逃してしまった映画の内の一つです。
最近娘がゲゲゲの鬼太郎にハマるまではすっかり忘れてもいたのですが・・・。
親子で楽しく観れそうな映画なので、近々近所のSTUTAYAにでも行って探して来ようと思います。

<PR>
アプリケーションエンジニア求人ランキング
職探しに困らないと言われる「アプリケーションエンジニア」に関する情報サイト。IT系の職種の中でもかなり売り手市場と言われるアプリケーションエンジニアを学ぼう!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。